確定申告の延滞料金

Posted by admin_a1wdb on 2016年3月25日No Comments

こんにちは。
以前からしつこくせどらーの皆さんも確定申告をしましょうという
お話しをしてきましたね。
今年の確定申告の期限は3月15日でしたがみなさんちゃんと申告しましたか?

普通、期間内に申告を終わらせるのが原則ですがもしできなかったとしても
申告の受け付けはいつでもしてくれるようです。
ただし、遅れた場合は「期限後申告」の扱いを受け、通常納める税金のほかに
延滞税や無申告加算税というものを払わなければいけません。

レンタルビデオ店と同じで確定申告にも延滞料がかかるんですね・・・
申告が遅くなった分だけ税制上不利になってしまいますね。

遅れた日数分の延滞税は年利最高14.6%払う必要があり、場合によっては
最高20%の無申告加算税も加算されます。

ただし、延滞税・無申告加算税は払わなくてもいい場合もあるそうです。
延滞税の場合は、延滞税の金額が1000円未満であれば払う必要はありません

無申告加算税は、金額が5000円未満であれば支払い不要です。
また、
・期限から2週間以内に自主的に申告を行った場合
・申告書を提出した日までに税金を納めた場合
・過去5年間で無申告加算税や重加算税を課されたことがない場合
も無申告加算税はかからないみたいです。

なんだ~延滞料金かからない場合もあるんですね!
もし申告し忘れた人がいたら急げ~!