せどらーに対する追い風・向かい風の話

Posted by admin_a1wdb on 2016年4月6日No Comments

こんにちは。ノーマル会社員タナカです。

せどりは最も簡単に成果を出しやすいネットビジネスといわれていますね。
電脳せどらーもじわじわと名が知れ渡ってきているのではないでしょうか..

こうして電脳せどらーが増えてきますと、
どうなんでしょうね
今日は世の中のせどらーに対する流れをだらっと話していきますね。

最近、ブック○フでは買取方針を
大幅に変更するということをききました。
より本の価値に見合った金額に設定するようです。
これ、普通のいらない本を売りたい人にとっては、
今までよりも高額で売れるチャンスにもなるので、
いいことかもしれません。
でもこの変更、実はせどらー対策でもあるみたいで、
ブック○フの100円コーナーで安く買った本を
元値より高く売れる例えばAm○zonで転売するがことができたのですが、
これから、利益が出にくくなるかもしれないですね。

一方で、電脳せどらーをうまく利用し、
サービスを活性化するという流れもあるみたいです。
ちょと前ですが、楽天オークションでは、
日本、香港、台湾でブランドリサイクルショップを運営する
ブランドオフと業務提携契約を結んでいます。
これはせどらーがサービスを利用することで、
集客効果があると見込んだ試みですねー!

そんなこんなで、
電脳せどらーに対する業者の情報を仕入れてうまく立ち回っていきましょうかね。
私はもっと楽天オークションのような
試みが増えてくることを願っています。。。