Archives on 8月, 2016

オークションとフリマ

Posted by admin_a1wdb on 2016年8月25日No Comments

こんにちは。
最近はスマホの普及率の高さから、TVコマーシャルでもアプリの宣伝が入るようになりましたよね。
中でも、スマホ普及の早い段階から宣伝を多く打ち出していたのがフリマサイトの「メルカリ」。
フリマとはフリーマーケットの事。不要になったものなどを格安で譲るもので、譲る相手が値段を決めて売買するシステムです。
そして、引き受ける個人が申し出れば、値段交渉も可能なケースが多いのです。
一方、フリマサイトの前からネットで普及していた売買システムは、オークション。
大きなところでいうとヤフオクと呼ばれる「Yahoo!オークション」ですね。
オークションだと、出品者が最低価格を決め、落札希望者がそれを上回る金額で入札していき、出品者が締め切った時点で最も大きい金額を名乗り出た人が落札者となります。
この2つを有効活用できれば、よりせどらーの活動はスムーズになります。
どんな仕組みにも色々とコツはありますので、どんなアピールが必要なのかを僕もまだまだ勉強しなくてはいけません。
まずは、家庭の不用品などで練習し、評価なども上げながら、実践を重ねていきたいと思います。

せどらーの鋭い視点

Posted by admin_a1wdb on 2016年8月8日No Comments

こんにちは。
この前の休日、ボーっとする時間があったので色々考え事をしてたんですが、
改めて「せどらーの目線ってすごいよなぁ」という想いにたどり着きました。
まぁ、せどりも売買関係の話ですから、せどりをする人間の中でも目ざとい視点の持ち主はやっぱり有利なんですよね。
例えば本の中でも、漫画や小説なんかは流行が関係してきますので、お客様の動向というのが分かりやすいです。
よって、出回りも多いものですからそこまで金額の大きいやり取りが発生することはいまいち少ない。
だけども購入されやすいジャンルにあるため、せどらーとしては安心できる材料な訳です。
また別な話としては、専門的な本の需要があるかないかを見極められたら、割と漫画よりかは大きい価値がつくはずでしょう。
その視点というのがせどらーのすごいところ。
僕はスポーツ関係なども疎いほうですし、知識もありません。
ですが、せどらーというのは「どういったお客様がどういう本を求める」という動向をリサーチし、先読みしていく力が必要なのです。
すごいなと思いつつ、僕にも色々な面で先読み出来る力があったらな~なんて到底叶いそうもない空想も描いてしまいました。